新潟市で真性包茎で悩む男性の数は?【推定】

 

真性包茎

 

  • 新潟市の人口:約810,000人
  • 新潟市の生産年齢人口:約480,000人
  • 生産年齢人口の半分が男性:約240,000人
  • 新潟市の真性包茎の人口:約2,400人

※生産年齢人口とは、15歳以上65歳未満の人口のこと。真性包茎の割合1%で算出。

新潟市の男性に選ばれている包茎手術クリニックは?

 

上野クリニック公式HP

 

 

  • 24時間の無料相談
  • 丁寧な麻酔
  • 全員男性スタッフ
  • 自然な仕上がり
  • 無料カウンセリング
  • プライバシーの徹底保護

 

手術法に関して

  • 包茎手術(ナイロン糸)
  • 包茎手術(吸収糸)

※いずれも環状切開術による包茎治療となります。美容治療は別途費用がプラスされます。

 

ボクシングのスポンサーになったり、有名雑誌に広告されたり、圧倒的な知名度で知られる上野クリニックです。

 

包茎治療と聞けば上野クリニックを思い出す方も多いのでは!?

 

上野クリニックには性病科も併設されていますので、こちらも気になる場合は一緒に診てもらえます。

 

新潟市最寄りの上野クリニック

  • 新潟県新潟市中央区花園1-3-2 IMAビルU6階

 

東京ノーストクリニック公式HP

 

 

  • 24時間対応
  • 視察・カウンセリング無料
  • 再診麻酔技術
  • 自然な仕上がりを実現
  • 選べる支払い方法
  • 無料のアフターケア

 

手術法に関して

  • 環状切除術
  • 切らない包茎治療
  • 他院の治療修正

 

顧客満足度を重視した院の運営により、開院30年を突破した老舗の包茎手術クリニックです。

 

専門医による痛みを抑えた包茎治療だけでなく、増大治療や亀頭のブツブツ除去、シリコンボール挿入や摘出など、男性器に関する様々な施術が行われています。

 

新潟市最寄りの東京ノーストクリニック

  • 新潟県新潟市中央区東大通2-3-7 ハイエスト新潟ビル6F

包茎治療を専門に行うクリニックと一般の泌尿器科の違い

包茎治療を専門に行うクリニックは日本全国にあります。

 

包茎クリニックイメージ

 

どんな特長があるのか、また、保険適用外の治療についても紹介します。

 

専門クリニックの特長とは?

 

専門クリニックで包茎治療をする場合の特長、それは見た目の美しさでしょう。

 

新潟市にある一般病院の泌尿器科でも包茎治療は可能ですが、泌尿器科はあくまでも機能面の回復が最優先で、治療後の見た目は基本的に考慮しません。

 

一方で専門クリニックは治療後もなるべく綺麗な見た目になるよう、治療跡が残らないような工夫をしてくれます。

 

せっかく包茎が治っても、見た目にはっきり残るようでは意味がありません。

 

その点で専門クリニックは非常に優れており、誰に見られても恥ずかしくない状態で包茎の治療が可能です。

 

また、患者の気持ちにも配慮してくれ、対応するスタッフはすべて男性など、細かいところまで気遣いしてくれます。

 

予約や治療の相談もメールや電話で気軽にできたり、診察と同時に無料のカウンセリングをしてくれるなど、安心して治療に入れる環境が揃っています。

 

プロの目線から最適な治療法を考えてくれ、こちらの希望も最大限考慮してくれます。

 

患者にとっては非常にありがたく、気軽に治療を受けられるでしょう。

 

専門クリニックは保険が使えない

 

専門クリニックでの包茎治療は原則として保険が適用されません。

 

仮性包茎でも真性包茎でもカントン包茎でも、種類を問わず治療は全額自己負担になると考えましょう。

 

専門クリニックでの治療は医療目的ではなく、美容目的と判断されてしまうため保険の適用外なのです。

 

美容整形を受けるのと同じだと考えればいいでしょうか。

 

どのような治療法を採用しても全額自己負担なので、経済的な負担は少し重くなってしまいます。

 

なるべく費用を抑えて治療したい男性は、この点に注意してください。

 

専門クリニックは包茎治療に特化しているため安心でき、見た目も美しく治療してくれます。

 

ただし保険は適用外なので、事前にどのくらいの費用がかかるのかをチェックしておきましょう。

真性包茎手術コラム

自分で治すことを願って、リングの形をした矯正器具を使用して、剥けた状態を継続させている人も見ますが、仮性包茎がどのような状態にあるのかにより、独力で矯正することができるケースとそうでないケースがあることは認識しておく必要があります。いつもは包皮で保護されているような亀頭なので、一気に露出することになると、刺激を受けやすいと言えます。

 

包茎治療を実行して露出状態を維持させていれば、早漏も抑止することができると聞いています。フォアダイスは年を重ねる度に、僅かずつ増加していくと伝えられていて、若者よりもっと年を取った人に多く発生するようですね。日本においても、たくさんの男性がカントン包茎で苦悩しているということが、検証などで明らかにされておりますから、「なぜ俺ばっかり・・・・・」などと考え込むことなく、前向きに治療を始めてくださいね。

 

仮性包茎の状況がそれほど深刻になるほどではなく、勃起後すぐ亀頭が上手く露出する状況でも、皮が突っ張るような感覚に陥る時は、カントン包茎の可能性があるのです。形成外科で実施されている手術テクを包茎治療にも導入した方法と申しますのは、包皮をよくリサーチして、仕上がりが綺麗になることを狙って包皮をW型にカットした上で縫うというものなのです。

 

現実的には、外観が悪くて取り除いている男の方もかなりいるフォアダイスは、治療を行なうことできれいに処置できるものだと断言できます。こう言っている自分自身も見栄えが悪くて取り除けた経験の持ち主です。フォアダイスを消し去るだけなら、10000円行くか行かないかでやってくれますし、時間も30分前後で終了なのです。治療を考えている方は、最初にカウンセリングで詳細について尋ねることを推奨したいと思います。

 

一般的に考えてカントン包茎になることはあり得ません。真性包茎だという人が無理やりに包皮を引っ張らない限りは、亀頭の根元に包皮が食い込んだりすることはないと思われます。何の不都合も感じないから、何も構わないことも珍しくない尖圭コンジローマ。だとしても、軽く見ていると大変です!少ないですが、悪性の病原菌が潜伏している可能性があると言われています。

 

包皮を十分に剥けない状態の真性包茎だとしたら、雑菌であったり恥垢などを取り去ることは難しいと言えます。生を受けてからずっと非衛生的な状態が続いているわけですから、迅速に対策しないといろんなリスクに見舞われることがあります。包皮口が広くない方は、滑かに包皮を剥くのが無理だと思われます。

 

真性包茎と言われている人は、包皮口が極端に狭くなっていますから、亀頭を露出させることが難しいのです。コンプレックスが元凶となり、勃起不全になってしまうことがあるようです。

 

それが理由で、包茎手術であるとか包茎治療を始める人が多くなってきたと聞いています。尖圭コンジローマは、治療のお陰で、目に見えていたブツブツがなくなってしまったとしても、3割くらいの人は、3ヵ月も経たない内に再発すると言われているようです。包茎治療というのは、概ね包皮切除が中心となります。ですが、露茎させるだけが目標ならば、これ以外にも多様な手を使って、露茎させることが可能だそうです。

 

新潟市の地名一覧

  • 北区
  • 東区
  • 中央区
  • 江南区
  • 秋葉区
  • 南区
  • 西区
  • 西蒲区