南牧村で真性包茎で悩む男性の数は?【推定】

 

真性包茎

 

  • 南牧村の人口:約3,000人
  • 南牧村の生産年齢人口:約2,000人
  • 生産年齢人口の半分が男性:約1,000人
  • 南牧村の真性包茎の人口:約10人

※生産年齢人口とは、15歳以上65歳未満の人口のこと。真性包茎の割合1%で算出。

南牧村の男性に選ばれている包茎手術クリニックは?

 

東京ノーストクリニック公式HP

 

 

  • 24時間対応
  • 視察・カウンセリング無料
  • 再診麻酔技術
  • 自然な仕上がりを実現
  • 選べる支払い方法
  • 無料のアフターケア

 

手術法に関して

  • 環状切除術
  • 切らない包茎治療
  • 他院の治療修正

 

顧客満足度を重視した院の運営により、開院30年を突破した老舗の包茎手術クリニックです。

 

専門医による痛みを抑えた包茎治療だけでなく、増大治療や亀頭のブツブツ除去、シリコンボール挿入や摘出など、男性器に関する様々な施術が行われています。

 

南牧村最寄りの東京ノーストクリニック

  • 長野県長野市南長野北石堂町1182 ベイユビル5階

 

北陸新幹線で2時間弱!東京まで日帰り治療するなら

 

ABCクリニック公式HP

 

 

  • 【安価】明確でお得な治療費用
  • 【安心】豊富な事例と頼れる医師
  • 【安全】高度な技術と最新の手術環境

 

手術法に関して

  • ABC式CSカット
  • ABC式真性包茎Sカット
  • ABC式Sカット
  • ABC式カントン包茎Sカット

 

包茎手術以外にも、増大術、長茎術、早漏対策治療など、男性器に関する幅広い施術が受けられる全国展開の大手包茎クリニックとなります。

 

包茎手術専門医による治療であり、見た目が自然で痛みの少ない治療として知られています。

 

亀頭のブツブツで悩む包茎男性は多いのですが、ABCクリニックではブツブツ治療に関して包茎治療費の中に含まれています。

 

他院で別途数万〜20万程度の施術費用が必要となるブツブツ治療が包茎治療の費用でまかなえます。全て男性スタッフによる対応となっています。

 

南牧村最寄りのABCクリニック

  • 東京都新宿区西新宿1丁目22番1号 スタンダードビル9F

 

上野クリニック公式HP

 

 

  • 24時間の無料相談
  • 丁寧な麻酔
  • 全員男性スタッフ
  • 自然な仕上がり
  • 無料カウンセリング
  • プライバシーの徹底保護

 

手術法に関して

  • 包茎手術(ナイロン糸)
  • 包茎手術(吸収糸)

※いずれも環状切開術による包茎治療となります。美容治療は別途費用がプラスされます。

 

ボクシングのスポンサーになったり、有名雑誌に広告されたり、圧倒的な知名度で知られる上野クリニックです。

 

包茎治療と聞けば上野クリニックを思い出す方も多いのでは!?

 

上野クリニックには性病科も併設されていますので、こちらも気になる場合は一緒に診てもらえます。

 

南牧村最寄りの上野クリニック

  • 東京都新宿区歌舞伎町1-6-1シロービル9F

包茎治療を専門に行うクリニックと一般の泌尿器科の違い

包茎治療を専門に行うクリニックは日本全国にあります。

 

包茎クリニックイメージ

 

どんな特長があるのか、また、保険適用外の治療についても紹介します。

 

専門クリニックの特長とは?

 

専門クリニックで包茎治療をする場合の特長、それは見た目の美しさでしょう。

 

南牧村にある一般病院の泌尿器科でも包茎治療は可能ですが、泌尿器科はあくまでも機能面の回復が最優先で、治療後の見た目は基本的に考慮しません。

 

一方で専門クリニックは治療後もなるべく綺麗な見た目になるよう、治療跡が残らないような工夫をしてくれます。

 

せっかく包茎が治っても、見た目にはっきり残るようでは意味がありません。

 

その点で専門クリニックは非常に優れており、誰に見られても恥ずかしくない状態で包茎の治療が可能です。

 

また、患者の気持ちにも配慮してくれ、対応するスタッフはすべて男性など、細かいところまで気遣いしてくれます。

 

予約や治療の相談もメールや電話で気軽にできたり、診察と同時に無料のカウンセリングをしてくれるなど、安心して治療に入れる環境が揃っています。

 

プロの目線から最適な治療法を考えてくれ、こちらの希望も最大限考慮してくれます。

 

患者にとっては非常にありがたく、気軽に治療を受けられるでしょう。

 

専門クリニックは保険が使えない

 

専門クリニックでの包茎治療は原則として保険が適用されません。

 

仮性包茎でも真性包茎でもカントン包茎でも、種類を問わず治療は全額自己負担になると考えましょう。

 

専門クリニックでの治療は医療目的ではなく、美容目的と判断されてしまうため保険の適用外なのです。

 

美容整形を受けるのと同じだと考えればいいでしょうか。

 

どのような治療法を採用しても全額自己負担なので、経済的な負担は少し重くなってしまいます。

 

なるべく費用を抑えて治療したい男性は、この点に注意してください。

 

専門クリニックは包茎治療に特化しているため安心でき、見た目も美しく治療してくれます。

 

ただし保険は適用外なので、事前にどのくらいの費用がかかるのかをチェックしておきましょう。

真性包茎手術コラム

亀頭が皮にくるまれたままになっており、指を使っても剥くことができない状態のことを真性包茎と言うのです。日本におきましては65%程度の人が包茎であるとのことですが、真性包茎というと1%いるかいないかですね。クランプ式手術だと、包皮小帯から遠ざかったところにて包皮をカットする技なので、包皮小帯そのものが傷つくという心配がありません。

 

外見はどうでもいいと言うなら、クランプ式のようにおすすめしたい包茎手術はないと思っています。何かと身体への害が多い真性包茎、もしくはカントン包茎の人で、とりわけ亀頭を露出させようとすると痛くて無理だという人には、一日でも早い包茎手術を受けてほしいです。任せて安心の包茎治療クリニックでしたらABCクリニックで決まりです。

 

露茎手術をする時は、その工程をわかりやすく話して下さいますし、費用についても、しっかりと説明を加えてくれます。コンプレックスが元凶となり、勃起不全に陥ってしまう可能性があると言われています。そのことがきっかけで、包茎手術、あるいは包茎治療を考える人がたくさんいるというのが現状だそうです。

 

6ヶ月も経過すれば、包茎手術が原因で少々赤らんでいた傷跡も収束し、シコリと見紛うような部分も相当良くなります。過去の症例から見ても、気にならなくなるに違いありません。病気とはなっていないので、保険が利く病院では包茎治療は不要として、診察してもらえないケースが多く見られますが、自由診療という形で仮性包茎でも応じてくれる専門の病・医院も少なくありません。

 

自分ひとりで克服することを願って、リング仕様の矯正器具を用いて、常時剥けた状態を維持している人もいるようですが、仮性包茎がどのような状態にあるのかにより、あなた自身で改善することが可能なケースとそうはいかないケースがありますのでご注意ください。常時露茎状態を維持させるためだけの包茎治療に対しましては、誰が何と言おうと包皮のカットが要されるというわけではなく、珍しくなくなってきた亀頭増大手術をしてもらうだけで、包茎状態を改善することもできなくはないと言えます。

 

やっぱり包皮小帯温存法で行なってもらいたいのなら、高い技術力を持つクリニックを見つけ出すことと、それに相当する高い金額の治療費を捻出することが必要になります。包茎手術には、切らなくて済む手術がありますし、症状を観察した上で、見た目を自然にするために、「EST式包茎手術」を実施しております。包茎治療のための手術だけでは、亀頭が完全には現れないという人も見られます。

 

主として亀頭が小さめである、包皮が厚い、太り過ぎているなどが原因だと指摘されます。カントン包茎において、包皮口が信じられないくらい狭いために、何もない時に剥こうとしても激しい痛みが出る場合、手術に頼るしかないケースもあるということです。

 

仮性包茎の度合がそれほど深刻になるほどではなく、勃起した場合に亀頭が完璧に露出する場合でも、皮がちぎれるというような感覚に陥る時は、カントン包茎を疑ったほうがいい時があります。包茎治療は、通常であれば包皮を切除することが主だと聞きます。しかし、露茎だけを目指すなら、この方法の他にも種々ある方法により、露茎させることが可能らしいです。

 

南牧村の地名一覧

  • 板橋
  • 海尻
  • 海ノ口
  • 野辺山
  • 平沢
  • 広瀬